◯臼井正一君 知事さん初め関係部局長の皆さん、御答弁ありがとうございました。時間がありませんが、幾つか要望、質問、そして感想を申し上げたいと思います。
 まず、教育行政についてであります。
 今、教育長のほうから御答弁をいただきました家族教育に関してでございますが、男女相互の尊重と信頼関係のもとで夫婦関係を築くこと、ともに協力して家庭をつくることの意義や重要性について教育をしていただくということでありました。ここのところ虐待死のニュースとかを見ていて、よく親になる資格があるだないだということを言いますが、親になる資格試験があるわけではございません。しっかり教育の中で親になることの責任を教えていただき、そして、責任ばっかり教えることによって、じゃ、独身のほうがいいやということになってもらっては困りますので、しっかり子供をつくることの幸せといったようなところも教えていく必要があるんじゃないかなというふうに思っております。
 1つ、児童虐待が多いのが貞操観念とかそういうことの欠如というのがここのところ最近、何というんでしょう、性に関する乱れというんですか、そういうのが少し気になってきております。
 そこで伺うんですが、貞操観念や妊娠、出産の適齢期など、若者の家族設計にかかわる教育について、教育長の考えをお聞かせいただければと思います。
 グラウンドはtotoが活用できるということであります。他県の動向を見ながらということでありますが、どうぞ本県のスポーツ振興のためにもよろしくお願い申し上げます。
 いろいろ申し上げたいことがありますが、もう1点再質問。幕張の活性化について、ことしまた開催されるレッドブルのエアレース、これを県として、ワンストップのサービス等を行うなどのサポートが必要と思いますが、いかがでしょうか。
 以上、2回目といたします。