◯説明者(矢島鉄也君) 私からは県立病院における外国人の未収金についてお答えをいたします。
 県立病院における外国人の未収金状況とその対策はどうなっているのかとの御質問ですが、県立病院における患者自己負担分の過年度未収金のうち外国人に係るものは、平成26年度末で約3,800万円、全体の4分の1を占めており、未収金額が減少する中で外国人に係るものは増加しております。病院では、電話や文書による催告のほか、臨戸徴収を行い、また、日本語のわからない方には病院スタッフのほか通訳ボランティアの活用により母国語対応を行うなど、個別の事情を考慮しながら未収金の回収に取り組んでおります。
 私からは以上でございます。