◯知事(森田健作君) 自民党の中村実議員の御質問にお答えします。
 東京オリンピック・パラリンピックについての御質問でございますが、両大会を成功させるためには、会場となる幕張メッセ周辺の環境整備を初め、救急医療や警備など、地元千葉市との連携は大変重要であると認識しているところでございます。そこで、昨年10月に県と市が一体となってこれらの取り組みを円滑に進めるため、県市の担当部局長及び関係課長で構成する2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた県市連絡協議会を設置したところでございます。今後とも千葉市と緊密に連携して、両大会の成功に向けて協力して取り組んでいくとともに、大会を契機とした地域経済の活性化やスポーツの振興等を図ってまいりたいと、そのように思っております。
 次に、映画「犬に名前をつける日」の制作に当たって、県の協力内容及び県民や関係団体からの反響についての御質問でございます。
 平成24年5月にこの映画の製作会社から、動物愛護センターで収容した犬や猫の譲渡に協力するボランティア団体を取材したいとの依頼があり、撮影や職員へのインタビューに数回にわたり協力したところでございます。県内では、昨年11月21日から3週間、千葉市内のミニシアターで上映され、映画を見た方から動物愛護センターで収容している犬を飼いたいとの申し出があり、1頭譲渡したところでございます。現在、全国各地で移動しながら上映されており、今後DVDなどが作成された際には動物愛護フェスティバルなどで紹介していきたいと、そのように考えております。
 私からは以上でございます。他の問題につきましては担当部局長からお答えいたします。