◯河野俊紀君 謝辞。ただいま議長の職を辞されました川名寛章君に対しまして、議員一同を代表して感謝の意をあらわしたいと思います。
 川名君には、昨年の6月定例県議会におきまして第66代千葉県議会議長に就任され、今日に至るまで公正、円滑な議会運営と議会活動の充実に努められるとともに、常に不偏不党の厳正な態度で県議会の権威向上と県民の議会に寄せる信頼を一段と高められるなど、その功績はまことに大きいものがあります。ここに川名君の御活躍に対し、深く敬意と感謝の意を表する次第であります。
 川名君が議長を務められた間の県政を振り返りますと、マラソンを通じて千葉県の魅力を全国に発信した昨年10月のちばアクアラインマラソンを初め、千葉県の観光振興や経済の活性化につながる数々の明るい話題がありました。しかしながら、依然として残る東日本大震災の影響や長引く景気低迷の影響を受け、県行財政を取り巻く環境は厳しい状況にあり、県議会としては、震災からの復旧・復興への取り組みはもとより、千葉県が抱える諸問題の解決に向け、県民と一体となって取り組んでまいりました。
 川名君は、県議会の代表として、千葉県のさらなる発展のため、先頭に立って御尽力されるとともに、連日、政務に携わる傍ら、全国都道府県議会議長会において監事として御活躍されたほか、議会制度改革や各都道府県の各種要望の実現に御尽力され、大きな成果をおさめられました。これらのことは、ひとえに川名君の高邁な識見と卓越した手腕のたまものであります。
 このたび一身上の都合とは申せ、議長の職を退かれますことは、川名君のさらなる御活躍を期待していた私どもにとりましては、まことに残念でなりません。今後はどうか御自愛の上、貴重な議長経験を生かされ、県政発展のため一層御活躍されますことを心から御祈念いたしまして、感謝の言葉といたします。
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━