◯説明者(中岡 靖君) 私からは保育環境の整備についての2問につきましてお答え申し上げます。
 まず初めに、保育環境に関する現状認識とこれまでの取り組みについての御質問です。子育て家庭を地域全体で支え、保育環境の整備を図る子ども・子育て支援新制度が今年度から開始されましたが、保育所待機児童の解消が都市部を中心として重要な課題となっております。このため、国の基金等を活用した民間保育所などの施設整備に対する助成を行うとともに、定員増を伴う整備に対し県独自の上乗せ補助を行うなど、施設整備を促進しているところです。また、平成25年8月にちば保育士・保育所支援センターを開設し、潜在保育士の復職に向けた就職のあっせんや研修などの支援を行い、保育士の確保に努めてまいります。
 次に、平成28年度、新年度に新設されます子育て支援課での取り組みについての御質問です。県では、平成28年4月に新設する子育て支援課において、全ての子供たちが健やかに成長していけるよう、子育て家庭が安心して子育てできる環境づくりを一層進めることとしております。新しい組織では、これまでの保育所等の施設整備や地域子育て支援事業などの取り組みとあわせ、特に必要とされます保育士の確保のための施策を推進してまいります。具体的には、平成28年度から保育士試験を年2回実施し、受験機会を拡大することで新規保育士の増加を図ることといたしました。また、卒業生の県内保育所等への就職率を高める取り組みを行う保育士養成施設に対して助成する事業を新たに開始し、保育士確保に一層努めてまいります。
 私からは以上でございます。