◯説明者(中島輝夫君) 私からは個人県民税の徴収対策について2問お答えをいたします。
 まず、個人県民税の直接徴収の成果についての御質問でございます。個人県民税の徴収引き継ぎに関する実績といたしましては、事業を開始いたしました平成25年度から27年度までの3年間で延べ1,394件、約21億1,000万円の引き継ぎを受け、本年1月までに市町村民税と合わせて税額で7億8,000万円、延滞金で7,000万円、合計で8億5,000万円を徴収したところでございます。なお、引き継ぎを実施いたしました市町村数は、平成25年度の17市町村から27年度には27市町村に拡大しているところでございます。
 次に、個人県民税の滞納額縮減に向けての市町村支援についての御質問でございます。県では、来年度も徴収引き継ぎを継続して実施していきますとともに、市町村の徴収技術の向上や人材育成を図るため、千葉県滞納整理推進機構を活用いたしまして、滞納整理等に係る研修や先進的な徴収事例の情報提供などを行うほか、市町村から研修生を積極的に受け入れるなど、市町村支援に努めてまいります。また、市町村税務職員の士気の高揚に資するため、平成28年度から市町村の税務担当職員などを対象として知事表彰等を行うことを予定しております。
 私からは以上でございます。