◯説明者(吉田雅一君) 私からは千葉ニュータウン事業についての2問にお答えいたします。
 千葉ニュータウンの分譲状況及び分譲予定についての御質問ですが、千葉ニュータウンでは、これまでに約983ヘクタールの土地を処分してきました。今年度は、昨年7月にメガソーラー用地として、北総線沿線の土地約15ヘクタールの貸し付けを行ったほか、年度末までに約50ヘクタールの分譲を見込むなど、おおむね順調に進んでいるところです。
 次に、企業土地管理局の千葉ニュータウン事業における取り組みについての御質問ですが、企業庁の業務は来年度から企業土地管理局へ引き継がれますが、千葉ニュータウンでは、今年度末において約197ヘクタールの未処分土地が残る状況です。そのため平成30年度までを清算期間と定め、地元市と連携を図りながら、まちづくりの総仕上げに向けて引き続き都市再生機構と共同して土地の処分を進めるとともに、千葉ニュータウン事業の清算に取り組んでまいります。
 以上でございます。