仲間を探す

Vol.6 正しい知識は人生を変える

60代 女性 乳がん・肺がん

私は、乳がん・肺がんと2つのがんを経験しています。現在、再発がありながらも週3日仕事し、休日には登山・ハイキング、旅行等の趣味やボランティア…と毎日忙しく動き回り、「とてもがん患者とは思えない!」と言われます。とは言え、「乳がんⅢb期・リンパ節転移、5年生存率20%」と診断された時は、死刑宣告の様で呆然としました。でも抗がん剤の副作用が酷く寝ていた私に「生きてね」と涙を流す孫たちに、「この家族を悲しませてはならない!」との思いを強くしました。

その後、千葉に転居し、転院先で出会った患者会、ピアサポーター、がん相談支援センターの方々に話を聞いていただき、助言を受けることで、心も副作用も嘘のように軽くなり、自分のがんに対する考え方が徐々に変わっていきました。 幸い、医師や医療従事者にも恵まれ、1年後の再発、3年後の肺がん宣告時は、自分の生き方や治療方針についてよく話し合って決めることができました。

「治療選択は患者の意志で」とは言うものの「がん=死」のイメージは拭えず、宣告後すぐに治療選択となると、私達患者は戸惑うばかりです。そのため、正しい知識を得ることが大切だと思い、患者会やピアサポーターズサロンに参加しボランティアとして他のがん患者さんと関わりながら、がん相談支援センターなどから発信される正しく信頼できる情報を学ばせていただいています。「知識は人生を変える」と思います。そして私は今、がんに負けない人生を楽しんでいます。

このページの先頭へ