仲間を探す

Vol.11今も病気と共存して生きる

70代 女性 子宮頸がん

私は昭和55年に、子宮頸がんのため両側卵巣を含む広範囲の摘出手術を受けました。術後10年間が経ち、定期的に受診していた先生から「全快です」と言われた時は本当に嬉しかったです。しかし、この後、人工肛門と人工膀胱(ストーマ)の増設手術を受けることになります。術後に受けていた放射線治療の影響で、平成3年頃から血尿や血便、尿と便漏れが出始めたことや、局所の痛みで歩けなくなったことが理由でした。

増設手術をしてからは、体調不良や下痢、尿管カテーテルのつまりなど、ストーマが自分の一部として慣れるまで四苦八苦しました。手術前日に最後の便を出した時には、「長い間ありがとう。これからは新しい肛門にお世話になるから」とトイレでしばらく泣いたこともいまだに忘れられません。

それでも「このストーマと共存することは、これから生きていくためのシステムなのだ」と前向きに明るくとらえて、現在まで過ごしてきました。これは私をずーっと支えてくれた家族のおかげだと思います。退院したその日に、家族5人の前で「ばあちゃん、病院からこんな物をつけて来たよ」とストーマや装具などありのままの姿を見せました。小さな孫が、尿バッグを見て「オシッコがたまってる!」とびっくり仰天していたことはとても印象的でした。日常生活では、いつも家族がいたわってくれて、食事中のオナラも抵抗なく「いま出たね!」と笑いあうなど、退院した日にありのままの姿を見せて良かったと感じています。その後はストーマのケアにも慣れ、ひと冬ひと夏過ぎる頃にはもう自分の一部となっていました。仕事へも復帰しました。

そして仲間探しもしました。県内のとある患者会に入会し、日常のアドバイスやケアのヒントをいただきました。全国大会、県内の社会適応訓練講習会等に参加し、県内外の仲間と電話や手紙などでストーマ生活を楽しんでいます。

あれから25年、ストーマとの共存にも慣れ、「同じ悩みを持つ体験者の貴重なお話が聞け、支えあえる場があること」に感謝しています。県内には様々な患者会やサロンがあります。また、がん診療連携拠点病院などには、いろいろなことを相談できる「がん相談支援センター」もあります。

今、私は晩期合併症などを抱えていますが、医学は日進月歩の時代にいる感じで、この先には何か楽しいことがあるようで、病と共存して一日一日大切に生活しています。

このページの先頭へ