がんを予防する

がん予防

これまでの研究から、喫煙や飲酒、食事などの日常の生活習慣の改善で多くのがんが予防できることがわかっています。

しかし、がん予防では、これさえ守れば絶対にがんにならないという方法はありません。他の様々な条件とのバランスを考えて、がんのリスクをできるだけ低く抑えていきましょう。

また、がん予防の情報は、日々さまざまな場所から発信されていますので、情報の質をよく見極め、科学的根拠に基づくがん予防法によることが重要です。

公益財団法人がん研究振興財団では、科学的根拠に基づくがん予防法として「がんを防ぐための新12か条」を提案しています。

がんを防ぐための新12ヶ条

  • ※詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

国立がんセンターがん対策情報センターが提供している「がん情報サービス」では、現状において推奨できる科学的根拠に基づくがん予防法を示した「日本人のためのがん予防法」などを紹介しています。

このページの先頭へ