その他

千葉県のがんの現状について

急速に進む千葉県の人口の高齢化

千葉県では、平成22年から37年までの15年間の65歳以上の高齢者人口増加率は35%と、全国第3位(平成17年から27年までの間においては全国第2位)のスピードで人口が高齢化します。

千葉県の将来推計人口等
千葉県の将来推計人口等
  • 国勢調査(総務省)、政策環境基礎調査(千葉県)
    日本の都道府県別将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所)

高齢化に伴い増加するがん死亡数、罹患数

(1)がんによる死亡状況

本県の死因別死亡割合は、戦後は、脳血管疾患が第1位でしたが、昭和57年からは、がんが第1位となっています。

主な死因の死亡率(人口10万対)の年次推移
主な死因の死亡率(人口10万対)の年次推移
  • 平成27年人口動態統計(厚生労働省)
死因別死亡割合・対全国比較
(%)
  悪性新生物 心疾患 肺炎 脳血管疾患 自殺
千葉県 29.3 17.6 9.8 8.2 2.1
全国 28.7 15.2 9.4 9.7 1.8
  • 平成27年人口動態統計(厚生労働省)

千葉県のがんによる死亡者数は、平成9年に1万人を超え、平成27年には16,443人で、全死亡者数に占める割合は29.3%であり、ほぼ3人に1人ががんで亡くなっています。
この状況は全国も千葉県もほぼ同様です。高齢者が増える中、がんによる死亡数は増加しています。

千葉県のがんによる死亡者数の年次推移
千葉県のがんによる死亡者数の年次推移
(2)年齢別の死亡状況

がんは、40歳から89歳までの年齢で死因の第1位となっており、特に50歳から79歳までは、死因の約4割を占めています。

年齢階級別死因別死亡
年齢階級別死因別死亡
  • 平成27年人口動態統計(厚生労働省)

がん死亡率は男女とも50歳から急激に増え始め、増加をし続けています。男性と女性を比べると、男性の死亡率が女性を上回っています。

性別年齢別死亡率(人口10万対)
性別年齢別死亡率(人口10万対)
  • 平成24年千葉県がん登録事業報告(千葉県)
(3)部位別の死亡状況

千葉県の主ながんの部位別の75歳未満年齢調整死亡率を見ると、男性は、肺が最も多く、次いで胃、大腸の順となっており、女性は乳房が最も多く、次いで大腸、肺の順になっています。

主ながんの75歳未満年齢調整死亡率(人口10万対)
主ながんの75歳未満年齢調整死亡率(人口10万対)
  • 都道府県別死亡データ(国立がん研究センターがん対策情報センター)
(4)75歳未満年齢調整死亡率

75歳未満の年齢調整死亡率は、平成17年の数値と比較して平成27年では男性18.3%減、女性11%減、全体で16.1%減となっています。

75歳未満年齢調整死亡率(人口10万対)
75歳未満年齢調整死亡率(人口10万対)
  • 都道府県別死亡データ(国立がん研究センターがん対策情報センター)

75歳未満について、がんの部位別年齢調整死亡率の推移をみると、男女とも胃がん、肝臓がんは減少していますが、男性の大腸がん、前立腺がん、女性の子宮がんは増加傾向がみられます。

(5)がんの罹患状況

平成24年には、年間31,566人(男性18,677人、女性12,889人)のがん患者が発生しています(平成24年の千葉県がん登録事業(地域がん登録)の推計)。
 部位別にみると、男性の胃がんは減少傾向にあるものの第1位であり、第3位の大腸がん、第4位の前立腺がんが増加傾向にあります。一方、女性は乳がんの増加が顕著であるとともに第1位であり、第2位の大腸がん、第3位の子宮がんも緩やかな増加傾向にあります。

主ながんの年齢調整罹患率(人口10万対)の年次推移
主ながんの年齢調整罹患率(人口10万対)の年次推移
  • 平成24年千葉県がん登録事業報告(千葉県)

年齢別にみると、男女全体で65歳以上が約70%を占めています。男性のがんは50歳以上で罹患率が高くなっています。男性と女性を比べると、55歳以上では男性の罹患率が女性を上回っていますが、30~54歳までは女性が男性を上回っています。

部位別にみると、男性は、特に、肺がんや前立腺がんは55歳以上から急激に高くなっています。女性は、乳がんが30歳以上から増え始め、70歳から74歳までで最も多い状況です。子宮頸がんは20歳以上で急増し、30歳台で最高になっています。

主な部位別性別年齢別罹患率(人口10万対)
全部位のグラフ 肝のグラフ 結腸のグラフ 直腸のグラフ 肺のグラフ 前立腺・卵巣のグラフ 乳房のグラフ 子宮頸部のグラフ 胃のグラフ

医療費全体に占めるがん医療費の増加

千葉県の国民健康保険の受診状況(平成21年~27年、各年5月分)を見ると、医療費全体が伸びている中で、新生物(大半が悪性新生物)の医療費の伸びはがん以外の医療費よりも大きく、医療費全体に占める割合が拡大しています。

図表:2-3-1:千葉県の国民健康保険診療実績の推移
  総点数
(単位:百万)
指数
(平成21年=100)
構成比
(%)
新生物 新生物
以外
新生物 新生物
以外
新生物 新生物
以外
平成21年 349 2,336 100 100 13.0 87.0
平成22年 418 2,703 120 116 13.4 86.6
平成23年 450 2,776 129 119 14.0 86.0
平成24年 504 2,961 144 127 14.4 85.6
平成25年 511 2,980 146 128 14.6 85.4
平成26年 525 2,957 150 127 15.1 84.9
平成27年 518 2,825 148 121 15.5 84.5
  • 平成27年度国民健康保険病類別疾病統計(千葉県)

全国に比べ相対的に少ない千葉県の医師・看護師・在宅医療資源

千葉県では、人口10万人あたりの医師数・看護師数、在宅医療資源が全国の中でも相対的に少ない中で、現場の医療者の努力により、県の医療を支えてきました。

千葉県の医療資源・対全国比較
全国平均を100とした場合の千葉県の医療資源(人口10万人対)グラフ
  • 平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査(厚生労働省)、平成26年衛生行政報告例(厚生労働省)
千葉県の在宅医療資源・対全国比較(人口10万対)
全国=100とした場合の千葉県の在宅医療資源(人口10万対)
  • 平成26年医療施設調査(厚生労働省)、平成26年介護サービス施設・事業所調査(厚生労働省)

参考

千葉県のがん治療専門医等数・対全国比較(人口10万対)
  人数 人口100万人当たり 全国順位
がん治療認定医数 396 64.5人 41
がん薬物療法専門医 26 4.4人 26
がん看護の専門看護師 12 2.3人 17
緩和ケアの認定看護師 21 3.4人 47
訪問看護の認定看護師 15 2.1人 13
  • 都道府県別認定医数(日本がん治療認定医機構)、がん薬物療法専門医名簿(日本臨床腫瘍学会)、
    分野別都道府県別登録者数(日本看護協会)、人口動態統計(厚生労働省)から算出

 

このページの先頭へ