本文へスキップします。

千葉県の東京2020に向けた都市ボランティア募集特設サイト

ここから本文です。

よくある質問

質問のカテゴリをクリックしてください。

活動内容について
活動期間について
活動場所・活動エリアについて
応募について
ウェブ申込みについて
郵送申込みについて
研修について
提供される物品などについて
活かせるスキルなどについて
その他

活動内容について

Q.大会ボランティアと都市ボランティアの違いは何ですか。
A.大会ボランティアは競技会場などの大会関係施設において、大会運営や競技運営のサポートを行うボランティアです。東京2020組織委員会が募集します。 都市ボランティアは、競技会場が所在する自治体が募集し、会場周辺駅や主要駅、空港などで旅行者等の案内をするボランティアです。千葉県では、県内で活動する都市ボランティアを一括して募集し、選考以降の運営を関係市町と連携して行います。
Q.東京都の都市ボランティアとの違いを教えてください。
A.交通案内や観光案内という主な活動内容については、基本的に同じです。
  • ※ 一部、東京都ではライブサイト内でのボランティアの活動を明記していますが、千葉県においてはライブサイトを含めイベントの予定は未定です。

活動期間について

Q.パラリンピック開催期間での活動を希望しますが、期間は選べるのでしょうか。
A.活動可能日等の希望をうかがいながら調整させていただく予定です。
Q.大会開催期間以外にも活動があるのでしょうか。
A.大会開催前期間や大会開催後期間などは、開会式や閉会式に先立って入国される選手や大会関係者、旅行者の方がいらっしゃいます。また、オリンピック終了後からパラリンピック開催初日までの15日間についても、準備や旅行、各種イベント開催等で多くの人の動きがあることが予想されます。エリアによっては、大会開催期間外のこうした期間においても、都市ボランティアの方々に活躍いただく予定です。競技開催がなくとも、関連イベントの開催期間中も多くの来場者が予想されますので、都市ボランティアの活動をお願いすることも想定されます。
Q.5日も参加できないかもしれませんが、応募できますか。また、希望する会場の競技が5日以内の場合はどうなりますか。
A.原則、5日程度活動いただける方のご応募をお願いします。ただし、競技日程の関係により、5日未満となることもあります。
Q.学業(仕事)の関係で、土日しか参加できませんが、参加できますか。
A.活動希望日のご都合をうかがった上で調整をさせていただく予定ですが、競技日程等の関係で、必ずしも土日に活動日をご用意できない場合もあります。面接や研修の日程なども、できる限り土日にも参加いただけるスケジュールを編成予定です。

活動場所・活動エリアについて

Q.活動場所や活動エリアは選べますか。他のエリアでも活動できますか。
A.原則、千葉エリア、一宮エリア、成田市内、成田空港、浦安エリアの5つのエリアのうち、1つのエリアを選んで活動いただきます。可能な方についてはあらかじめご相談の上、他のエリアの応援に行っていただくことがあるかもしれません。各エリア内での具体的な活動場所については追ってご相談させていただきます。
Q.具体的には各エリアの活動場所はどこになるのでしょうか。
A.たとえば代表的な活動場所として、千葉会場エリアであればJR海浜幕張駅、一宮会場エリアではJR上総一ノ宮駅、成田市内エリアであればJR・京成成田駅、浦安市内エリアであればJR新浦安駅などがあげられます。詳しい場所については現在調整中です。
Q.東京都の会場に行くことはありますか。
A.原則、千葉エリア、一宮エリア、成田市内、成田空港、浦安エリアの5つのエリアの希望エリア内での活動となり、都内の会場に行くことは原則ありません。

応募について

Q.追加募集はありますか。
A.原則行いません。ただし、応募状況を見て実施する可能性はあります。
Q.何歳から応募できますか。
A.2002年4月1日以前に生まれた方(2018年度において高校2年生以上)が応募いただけます。
なお、年齢に満たない若い世代の方々に向けて、今後、体験プログラムなども検討していきたいと考えています。
Q.英語が苦手なのですが、応募できますか。
A.チームで活動していただくため、英語など語学に自信のない方でも活動いただくことができます。
成田空港については、諸外国から到着された方がはじめて降り立つ場所として、他のエリアに比べ、語学の得意な方々に多く活動いただく予定です。
Q.語学のスキルはどのように証明したらよいでしょうか。
A.積極的に語学のスキルを都市ボランティアの活動に活用したいという方については、TOEICやTOEFLなどのスコアや各種検定試験の情報などを記載していただいて構いません。(必ずしも取得年度等の詳細情報までは不要です)。資格試験の他にも、例えば地域での国際交流イベントでの活動やホームステイの受入れなど地域での国際的な活動、海外でのボランティア経験や勤務経験、留学や在住経験、英会話教室での学習などもお知らせいただければと思います。いずれにしても、それらを用いて、どの程度のコミュニケーションが実際に取れるかというところが重要な情報となります。
Q.障害がありますが、応募できますか。
A.障害の有無にかかわらず、多くの方に応募いただきたいと考えています。活動時において配慮すべき事項などを応募時に確認し、ご相談させていただく予定です。 なお、グループ申込みができますので、介助者の方と一緒に応募することもできます。
Q.外国人ですが、応募できますか。
A.はい。ぜひ、多言語対応にご協力いただける方々のご協力をお願いいたします。ただし、活動や事務局との連絡に当たっては日本語を使用しますので、日本語による簡単な会話(意思疎通)ができること、また、交通・観光案内等を行う上では活動エリアに関しての情報を知っていることや土地感があることが必要ですし、研修への参加や一定期間の活動に参加いただくためにも、日本にお住いの方が応募条件となります。
Q.パソコンやスマートフォン、メールアドレスがないと応募できませんか。
A.応募の際にはなくても申し込むことができます。ただし、面接を通過された方が受けていただく共通研修のご案内以降は、パソコンやスマホなどでインターネットを介した事務局とのやり取りが必要になってきます。ゆくゆくはご用意いただくことを念頭に置いてください。ウェブ申込の方は応募段階でメールアドレスが必要となります。
Q.千葉に住んでいないと応募できないのでしょうか。
A.千葉に住んでいなくても応募は可能です。千葉で働いている、千葉の学校に通っていたなど、千葉にゆかりがあったり、とにかく千葉のことに詳しい、千葉が好きだという方も歓迎です。ただし、交通・観光案内等を行う上で、活動エリアに関しての情報を知っていることや土地勘があることは、活動する上で大事な要素になってきます。もちろん、応募時に詳細なエリア情報を知っている必要はありませんが、研修や自主的な学習により、2020年までに案内に必要な知識を身に付けていただくイメージとなります。また、実際の活動に加え、研修が活動エリアを中心とした県内で行われますので、研修に通うことができるということも必要となります。(宿泊先の提供や研修に参加するにあたっての旅費等の支給はありません)
Q.現在、海外に住んでいますが、応募できますか。
A.今後の面接や研修に参加いただけるかなど、個別に状況や今後のご予定についてヒアリングの上、応募いただけるかご相談させていただきます。
Q.進学や就職、引っ越しなどの予定で、2020年に活動できるかわからないのですが、応募してよいのでしょうか。
A.ぜひ、多くの方々に応募いただき、状況が許せば2020年に千葉で都市ボランティアとして活動いただけたら嬉しく思います。まずは応募いただき、どうしても都合がつかなくなってしまった場合は、状況がわかったタイミングで、応募事務局・各エリア運営事務局へご連絡いただければと思います。
Q.大会ボランティア、東京都の都市ボランティアにも同時に応募はできますか。
A.応募できます。複数に応募し、活動される場合は、活動日が重複しないようご注意願います。
Q.結果通知はいつ、どのようにもらえるのでしょうか。
A.12月10日の応募締切後、選択(希望)した活動エリアごとに、運営主体の各市町・県において書類選考が行われます。2019年3月末までに、書類選考の結果通知を行う予定ですが、応募数によって、エリアごとに通知の時期がずれ込むことが予想されますのでご理解願います。書類選考の結果は全員に対して「郵便」で行いますが、以後のご連絡については、段階的にメールでの連絡に対応できるよう、ご協力をお願いします。

ウェブ申込みについて

Q.ウェブ申込みする際、応募フォームに入力した情報を保存しておくことはできますか。
A.応募フォームは、入力を開始してから30分で入力情報がタイムアウトにより、無効として自動削除されてしまいます。入力の途中で「仮保存」ボタンを押していただき、入力情報が途中で消えてしまわないようにお気をつけください。なお、特設サイトの「都市ボランティア応募」のページ内に、入力が必要な情報項目をあらかじめ掲載していますので、下書きをしてから入力するなどしていただくと、安心してスムーズに入力・送信いただくことができます。
Q.応募フォームを送信した後に、受付が完了したことがわかるお知らせは届きますか。
A.受付が無事に完了すると、「ちば電子申請サービス」(ドメイン名:@elg-front.jp)から自動返信により、「【ちば電子申請サービス】受付通知」という件名のメールが、お届けいただいたパソコンやスマートフォンのメールアドレスに送信されます。自動返信メールが届かない方については、応募受付ができていない可能性もありますので、応募事務局までお問い合わせください。 なお、お使いの携帯端末やメールサービスの設定によっては、不特定のドメインを受信拒否設定とされている方がいらっしゃいますので、応募フォーム入力前に、必ず、ちば電子申請サービスのドメイン(@elg-front.jp)及び応募事務局のドメイン(@pref.chiba.lg.jp)の受信ができるように、あらかじめ設定を行ってください。

郵送申込みについて

Q.郵送で申込した場合、受付確認の通知は届きますか。
A.応募事務局で郵送のお申込みを受付した後、3週間を目安に、受付確認通知を封書にて郵送いたします。3週間を過ぎても通知が届かない方は、必ず応募事務局に確認のご連絡をお願いします。なお、応募用紙をいったん郵送された後は、写し等を応募事務局から送付することはできませんので、必ずご自身で写しを取ってから応募用紙を郵送いただくよう、お願いいたします。

研修について

Q.研修は何回ありますか。日程はいつわかりますか。
A.1日以内の共通研修を1~2回程度、半日程度のその他研修を2~3回程度実施することを予定しています。
また、リーダー候補の方には別途、1~2回程度のリーダー候補者を対象とした研修も予定しています。
共通研修は2019年10月頃からを予定していますが、その他研修については現在企画中であり、各エリアによっても時期は多少異なることが想定されます。
Q.研修はどのような内容ですか。
A.まず、東京2020大会の概要や障害のある方への理解に関する基礎知識の習得などを目的とした「共通研修」があります。東京2020組織委員会が募集するボランティアや、東京都が募集する都市ボランティア等、オールジャパンで大会に関わるボランティアとして、基本的に同じ内容を学んでいただく予定です。(集合研修や一部e-leaningを活用するなど、内容や運営形態等について詳細を企画中です。)
千葉県の都市ボランティアとして、県内の観光・魅力発信をするための基礎知識の習得などを目的とした研修もご用意する予定です。
また、活動に必要な役割や各配場所の基礎知識などを習得いていただくための研修も予定しています。

提供される物品などについて

Q.活動に当たってはどんなものが支給されますか。
A.活動時における食費や交通費等に相当する一定の支給を予定しています。活動期間中の滞在先までの旅費や、研修に参加する場合の旅費等は対象とはなりません。
  • ※ たとえば、活動にあたって県外など遠方からお越しになった際の長距離移動をカバーする旅費の支給はありません。
Q.ユニフォームのサイズはどのような大きさがありますか。
A.サイズ展開はユニセックスとなります。下記サイズ表をご参照ください。
※スマートフォンをご利用の方は表を横にスライドしてください。

トップス・ボトムス

単位:cm

  3XS 2XS XS S M L XL 2XL 3XL 4XL 5XL
身長 147-153 152-158 157-163 162-168 167-173 172-178 177-183 182-188 187-193 192-198 197-203
胸囲 73-79 77-83 81-87 85-91 89-95 93-99 97-103 101-107 105-111 109-115 113-119
ウエスト 59-65 63-69 67-73 71-77 75-81 79-85 83-89 87-93 91-97 95-101 99-105

単位:inch

  3XS 2XS XS S M L XL 2XL 3XL 4XL 5XL
身長 58-60 60-62 62-64 64-66 66-68 68-70 70-72 72-74 74-76 76-78 78-80
胸囲 29-31 30-33 32-34 33-36 35-37 36-39 38-40 39-42 41-44 43-45 44-47
ウエスト 23-26 25-27 26-28 28-30 29-32 31-33 32-35 34-36 36-38 37-39 39-41

帽子

  M L
cm 55-57 57-59
inch 21-22 22-23

活かせるスキルなどについて

Q.どのような経験や資格、スキルがあれば優遇されますか。
A.地域や各種イベント等でのご案内の活動やさまざまなボランティアの経験、各地での観光ガイドボランティアの経験、語学に関する資格やスキル、障害をお持ちの方をサポートする資格や経験など、活動に活かすことができると思われる情報は自己PRとして積極的にお寄せください。特に何の資格があるからといって必ず優遇されるということはなく、活動意欲やこれまでのご経験などを総合的に判断して、選考を行わせていただきます。

その他

Q.研修を受けたあと、2020年の本番の活動までに練習する機会はありますか。
A.各エリアにより、近隣で行われる関連イベントなどの機会において、案内の活動に取り組んでいただける可能性はあります。それ以外にも、各個人において、積極的にさまざまなボランティア活動に取り組んでいただき、自主的なトレーニングを行っていただければと思います。
Q.活動エリアまではどのように向かったらよいのでしょうか。自家用車や自転車などで行くことはできますか。シャトルバスは出ますか。
A.基本的には、各活動エリアまでは公共交通機関を利用していただくことになる予定です。エリアによっては、競技時間が早朝となり公共交通機関が利用できない時間帯があったり、活動エリア内の活動場所(持ち場)への移動に制限がかかるなどの状況も想定されます。各エリアの状況に応じて、今後、対応策を検討していく予定です。
Q.暑さが心配なのですが、どのような対策を考えていますか。
A.十分な休憩時間や休憩場所の確保、水分補給ができるようにするなど、各種対策を検討しています。ただ、基本的な健康管理はご自身で行っていただくことが前提となりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。
Q.学校や勤務先に、研修や活動に参加したことを証明する書類を提出したいのですが、出してもらえますか。
A.ご希望される方には活動証明書を発行させていただく予定です。研修時における証明についても、必要に応じて各エリアの運営事務局へご相談ください。
Q.ラグビーワールドカップ2019のボランティアとして活動すると、東京都ではそのまま東京2020での都市ボランティアになれると聞きました。千葉県の都市ボランティアにもなれますか。
A.ラグビーワールドカップ2019でのボランティアについては、直接そのまま千葉県の都市ボランティアになれるという仕組みにはなっていません。
ただ、千葉県の都市ボランティアの応募時に、ボランティア活動予定として任意で記載いただけますと、選考の参考にさせていただくことはあります。
Q.2020年に都市ボランティアとして活動した後には、引き続き同様の活動を続けることはできるのでしょうか。
A.現時点で、詳細は決まっていませんが、レガシーとして、引き続き多くの方々がボランティアとしてさまざまな場面で活躍できるような情報提供の仕組みや、活躍の場づくりについて検討していきたいと思います。
ページ上部へ