がんを治療する

がん治療時の口腔ケア

がん治療においては、手術や、放射線療法、化学療法等の副作用による免疫力の低下などにより、口腔内の衛生状態が悪化したり、口内炎等の障害が起こりやすくなるため、治療に際して、歯科治療などが必要になる場合があります。 また、適切な口腔ケアを行うことで、副作用等による症状が軽減する場合もあります。

治療前後の口腔内のトラブル等については、がん治療を受けている医療機関で御相談いただくか、「がん治療を受ける患者さんへ 口腔ケアハンドブック」を御覧ください。

在宅療養支援診療歯科

在宅で療養生活を送る際に、患者さんの自宅に訪問診療をする歯科(在宅療養支援診療歯科)があります。

在宅療養支援診療歯科は千葉県が提供している「ちば医療なび」で検索することができます。

「医療機関をさがす」→「目的別検索」→「在宅医療で探す」→「歯科訪問診療」にチェックを入れて検索する。

このページの先頭へ